馬券攻略

【馬券の効率の良い購入法】

競馬をする上で馬券を出来るだけ少なく買い大きい配当を取る事が一番ベストだと考えられます。そのベストな考えにあてがうならば、1点買いに勝るものはありません。しかしながら1点で的中させるとなるとやはり単勝馬券や複勝馬券など
1頭から購入出来る種類の馬券や、ワイドや馬連馬券でも1番人気の人気サイドの馬券となります。しかしながら的中率はこの1点買いはどうしても下がってしまう傾向があり、幅広く馬券を購入する事が良い方法かもしれません。購入する
馬券も点数が増えない様にして、的中した時に当たってマイナスにならない様な買い方が一番ベストな買い方となります。競馬は的中率と回収率のバランスがとても大切と言われます。競馬で100%を超える回収率を持っている馬券師が
いれば、それはもちろん配当の面でもプラスを作ってくれる馬券術がありその馬券術は、的中がおおよそ30%ほどで回収率が110%位がコンスタントに勝てる領域だと感じます。それ以上の回収率であればたまたま万馬券を取って回収
率が上がった可能性もあり、コンスタントであればそれは全く問題はありません。30%を下回る的中率であれば3レース連続不的中は日常茶飯事であり、レースも多く参加してやっと万馬券を取って勝ったと言うパターンが勝ちパターンに
なります。効率良い馬券とは、それだけで少ない点数で行かなければ上がれませんよと言われているもので、多点数で馬券をゲットして上がれる馬券は3連複や3連単の馬券だと感じます。この二つは当然馬券的に万馬券になりやすく
高配当が出やすいレースも多いので、特に3着の馬を当てるのが難しい2頭までは簡単に予想出来たなど的中率も多く勝っても中々当たりません。しかしフォーメーションと言う馬券スタイルを活用すると、競馬はずいぶんと的中率と回収
率のバランスをしっかりと保ちながら馬券的中時にちゃんとプラス収支を生んでくれそうです。ではフォーメーションで買うと言うスタイルですが、馬券を3段に分けて1着の蘭と2着の蘭と3着の蘭と言った来そうな馬をそこに埋めていく馬券
となります。1着は2頭くらいで、2着は5頭くらいで、3着は一番多く8頭くらい買えば、例えば8頭ボックスの3連単は50点近く買いますが、この方法であれば30点くらいで収まります。ここで20点も買い目点数を絞る事に成功しています。
こうしてフォーメーションは馬券のダイエットをしてくれる馬券であり、通常で買うボックスよりは遥かに少なくて済みます。しかしボックスならば的中していたのにと言ったケースももちろんあってそれはあきらめて考えなければいけないのかも
知れません。馬券にとってのよしあしは、固いレースをいかにして少ない点数で的中させるかがポイントとなり、やはり馬券を買う流れの中で絞れる事を行わなければ、不的中時や固いレースを的中した時に的中マイナスの可能性が高まり
ます。そこはしっかりと馬券を買う前に考えて、フォーメーションを取り入れるなど無駄な馬券を少しでも減らし効率の良い馬券の買い方がそこで確認出来るのかも知れません。的中するレースが少なくなり過ぎてもストレスがたまる一方で
その辺りのバランスは、競馬を行うレース傾向で判断したりすると良いかも知れません。馬券も固そうなレースや荒れそうなレースはオッズを見て判断出来ます。おおよその判断とはなりますが、そこで荒れるレースだと考えたのであれば
一度ボックスを使っても当然的中率が増えるから良いでしょうし、今度は固いと踏んだレースではフォーメーションで馬券のダイエットを行い、固いレースでも的中率や回収率を100%以上に出来る可能性はあります。そこを踏まえて
馬券の購入時の判断が出来ます。自分の見解と予想家の見解が一致していれば、それこそフォーメーション馬券で攻めるかボックス馬券で勝負するかと判断出来るはずです。まずはその判断で的中率のコントロールも重要となります。

-馬券攻略

© 2023 実践競馬(競走馬情報・無料情報・優良競馬商材を掲載して評価してます)