競馬レース攻略 競馬場攻略

2021年1月17日 京成杯(G3) 

2021年1月17日 京成杯(G3) 

 

■対象レース 

 

2021年1月17日(日) 中山競馬場 芝2000m 

京成杯(G3) 

 

■出走馬表 

 

1.タイムトゥヘヴン M.デムーロ 

2.タイソウ 石橋 脩 

3.グラティアス C.ルメール 

4.タケルジャック 北村 宏司 

5.ヴェイスメテオール 丸山 元気 

6.テンバガー 戸崎 圭太 

7.エイカイファントム 岩田 望来 

8.ブラックロータス 三浦 皇成 

9.アクセル 横山 武史 

10.プラチナトレジャー 田辺 裕信 

11.ラカン 津村 明秀 

12.ディクテイター 北村 友一  

  

 

■レース結果と的中馬券配当 

 

着順 馬番 馬名 

1着 3番 グラティアス 

2着 1 タイムトゥヘヴン 

3着 6番 テンバガー 

 

単勝 

3310円1番人気 

 

複勝 

3150円1番人気 

1170円2番人気 

6300円6番人気 

 

枠連 

1-31,000円3番人気 

 

ワイド 

1-3390円1番人気 

3-6810円9番人気 

1-6890円13番人気 

 

馬連 

1-31,020円1番人気 

 

馬単 

3-11,730円1番人気 

 

3連複 

1-3-63,210円8番人気 

 

3連単 

3-1-611,750円18番人気 

 

 

■見解とポイント 

 

レースを振り返った後で思うに、この一戦だけでクラシックの優劣は全く付けられない内容だったと感じます。 

それは、1000m通過タイムが1.03.7秒という、ものすごいゆっくりした流れとなったことで、実力ではなく、前で競馬をしていた馬が明らかに有利な競馬だったからです。 

 

もちろん、逃げたデムーロ騎手のタイムトゥヘヴンは、スローペース勝ちを狙いに行ったので悪くはありません。ただ、この一戦を次走以降の参考にするのは非常に難しいでしょう。 

 

1着は1番人気のグラティアスでした。 

レシステンシアの半弟ということで、注目を集めましたが、競馬内容も問題ないですし、ポジション取りも文句ないですね。 

直線で、逃げたタイムトゥヘヴンが外を選択したことで、すんなりと内ラチから直線入りできたのは、運がよかったといえるでしょう。 

しかしながら、2馬身以上の完勝劇だったので、仮にタイムトゥヘヴンが内ラチを選択し、進路取りが楽じゃなかったとしても地力で勝ち星を手にできたと思えます。 

 

最も、展開に恵まれていたのは紛れもない事実なので、皐月賞の前にもう一戦使ってみて、この馬の能力を確かめたいですね。 

 

2着はタイムトゥヘヴンでした。 

デムーロ騎手のドスロー競馬はなかなか見ごたえがありました 

直線では外を選択し、馬場の良いところから勝負しましたが、この選択は悪くないでしょう。 

 

どちらにせよ、グラティアスには完敗していたでしょうし、3着以下は抑えているので、この一戦だけ見ると、中身は悪くない競馬でした。 

 

3番人気のタイソウ、そして4番人気のヴァイスメテオールは馬券外でした。 

ヴァイスメテオールはテンバガーのクビ差なのでまだしも、前で競馬をしたタイソウが直線で見せ場なかったのはシンプルに距離が長かったと考えられます。 

 

タイソウは次走以降、距離を短くしてみた方がいいかもしれません。 

 

 

実際のレースは熱いレースでしたが、振り返っても面白いです。            

   

 また振り返ると、競馬で勝つことが逆算してわかったりします。                                 

 競馬は実践あるのみです。                                 

                                 

『競馬勝ち組への道』の無料レポートを当サイトからは配布してますので、まだ見ていない方は是非見てみてください。                                 

                                 

 当サイトからの好評を頂いている競馬勝ち組の道を記したレポートを手に取り、競馬ライフを楽しんで頂ければと思います。 

-競馬レース攻略, 競馬場攻略

© 2023 実践競馬(競走馬情報・無料情報・優良競馬商材を掲載して評価してます)