競馬レース攻略

2020年9月21日 JRAアニバーサリーステークス 

2020年9月21日 JRAアニバーサリーステークス 

 

 

■対象レース 

 

2020年9月21日(月曜) 中京競馬場 ダート1800m 

JRAアニバーサリーステークス 

 

 

■出走馬表 

 

1.ニューモニュメント 松山 弘平 

2.ツブラナヒトミ 団野 大成 

3.ダイアナブライト 吉田 隼人 

4.マリオ 幸 英明 

5.タガノヴェローナ 城戸 義政 

6.オーケストラ 斎藤 新 

7.ショートストーリー 太宰 啓介 

8.メイショウラケーテ 岩田 康成 

9.アイアムレジェンド 和田 竜二 

10.アスターマリンバ 松若 風馬 

11.ビッグアイランド 藤井 勘一郎 

12.マイネルカイノン 国分 恭介 

13.ララメダイユドール 荻野 琢真 

14.スズカフェスタ 国分 優作 

15.タイサイ 中井 裕二 

16.メイショウソテツ 武 豊 

 

■レース内容 

 

スタートしました。 

 

 先行争い、気合をつけて14番のスズカフェスタ、さらに外から16番のメイショウソテツも上がっていきます。そして内からは8番のメイショウラケーテ、これらが上がって、真ん中は10番のアスターマリンバ。 

  

 わずかに8番のメイショウラケーテ。外16番のメイショウソテツ2頭の間10番のアスターマリンバ。後続を離していきました。 

 

 離れた4番手14番のスズカフェスタで1コーナーから2コーナーです。結局、8番のメイショウラケーテが先手を取りました2番手は外僅かに16番のメイショウソテツ。1馬身差で続いて、その内からからだ半分、アスターマリンバ3番手。向こう正面に出ました。その後ろ6馬身くらい空いています。離れた4番手が14番のスズカフェスタとその外かわして9番のアイアムレジェンド上がります。 

 

 3馬身後方13番のララメダイユドール中段前で6番のオーケストラがその内。外は15番のタイサイが続いて縦長の展開。インコースに1番のニューモニュメント中段の内です。 

1馬身空いて3番のダイアナブライト、さらに5番のタガノヴェローナ、800mを切りました。その内からは2番のツブラナヒトミで、3コーナーカーブに入ります。 

 

 外は11番のビッグアイランドが中段の後ろ。あとは1馬身空いて4番のマリオが後方から3頭目。内に入った12番のマイネルカイノン、最後方7番のショートストーリー。盾に長い展開です。 

 

 単独抜けている8番のメイショウラケーテ後続に4馬身のリード。2番手は14番のスズカフェスタになって、第4コーナーから直線に入りました。 

 

 その外からあ9番のアイアムレジェンド上がってきた。内を狙って1番のニューモニュメントも追い込んでくる。 

 

 今度は内から1番のニューモニュメント一気に先頭か。14番のスズカフェスタ。さらに外から6番のオーケストラ、そして離れた外からは3番のダイアナブライトさらには4番のマリオも追い込んでくる! 

 

先頭今度は3番のダイアナブライトか! 

内ラチ沿い1番のニューモニュメントそして6番のオーケストラ 

 

3番ダイアナブライトか! 

オーケストラか!ゴールイン! 

2頭並びました。 

 

3着争い1番のニューモニュメントに9番のアイアムレジェンド並んで3着争いも接戦です! 

 

 

1着 ダイアナブライト(3番) 

2着 オーケストラ(6番) 

3 ニューモニュメント(1番) 

 

■レース結果と的中馬券配当 

 

着順 馬番 馬名 

1着 3番 ダイアナブライト 

2着 6番 オーケストラ 

3着 1番 ニューモニュメント 

 

単勝 

3 1,590円 6番人気 

 

複勝 

3 400円 6番人気 

6 420円 7番人気 

1170円 1番人気 

 

枠連 

2-3 3,890円 14番人気 

 

馬連 

3-6 14,070円 38番人気 

 

馬単 

3-6 26,470円 73番人気 

 

ワイド 

3-6 3,660円 39番人気 

1-3 1,270円 11番人気 

1-6 1,080円 8番人気 

 

3連複 

1-3-6 15,350円 44番人気 

 

3連単 

3-6-1 152,920円 414番人気 

 

■見解とポイント 

 

 最初に、今年のJRAアニバーサリーステークスの1ハロン毎のラップ推移を見てみると、12.8-10.7-12.4-12.2-11.8-12.3-13.0-13.1-13.0となります。 

 

 逃げたメイショウラケーテの1000mの通過タイムが59.9秒ですが、後半で13秒台を刻んでいるように、明らかに前半飛ばしていることが分かります。 

人気を集めたメイショウソテツとアスターマリンバもメイショウラケーテを追う形で競馬をしましたが、元々短距離馬であるメイショウラケーテのハイペースにかかるようについていってしまいました。 

 

 そもそも、中京のダート1800mは、ホームストレッチの上り坂を2度走るため、先行馬には特に2度の坂を駆け上がれるだけのスタミナが求められます。 

メイショウソテツとアスターマリンバはともに、中京が初めてであったこと、そして、メイショウラケーテのハイペースでスタミナを著しく消耗してしまったことで、最後は苦しい競馬となりました。 

 

 それに対して、勝った馬はいずれも、自分のペースを守り抜き、最後の直線でもスタミナを活かすことができた馬でした。 

 

 1着に入選したのはダイアナブライトです。 

 後方で末脚を溜めて、直線でじわりじわりと前を追い抜いて勝利を手にしました。 

血統背景を見てみると、父はダートではいまいち結果を残していないディープインパクトです。しかし、母のチェリーコレクトはアイルランドの馬で、先祖を遡ると、ダート王国のアメリカの競走馬を両親に持つ馬です。 

 

 ダイアナブライトは元々は、芝でデビューした馬でしたが、母方の血統背景の影響か、ダートでも好走が見られますね。 

 このレースを勝ったことで、オープン馬の仲間入りを果たしましたが、人気馬が厳しい展開で総崩れした中での辛勝だったので、ダート重賞で好走できるかといったら疑問が残ります。 

 

 2着はオーケストラです。 

 こちらは先行競馬から、直線で一気に進出をしましたが、後方からじわじわと脚を伸ばしてきたダイアナブライトに最後はかわされての2着でした。 

 

 昨年は1000万条件下で苦しい競馬を味わいましたが、今年に入って力をつけ、前走、福島の横手特別を勝ち切り、今回1600万条件下のレースで2着に健闘と、昨年よりは結果を残しています。 

 

 先ほど、ダイアナブライトの回顧でも述べたように、今回は展開が味方したことは紛れもない事実なので、今回のレース結果を今後の参考には活かしづらいですが、昨年よりも調子がいいのは間違いないので、次走にも期待したいです。 

 

実際のレースは熱いレースでしたが、振り返っても面白いです。           

 また振り返ると、競馬で勝つことが逆算してわかったりします。           

 競馬は実践あるのみです。           

           

『競馬勝ち組への道』の無料レポートを当サイトからは配布してますので、まだ見ていない方は是非見てみてください。           

           

 当サイトからの好評を頂いている競馬勝ち組の道を記したレポートを手に取り、競馬ライフを楽しんで頂ければと思います。 

-競馬レース攻略

© 2023 実践競馬(競走馬情報・無料情報・優良競馬商材を掲載して評価してます)